トップ > 教員・学生の方へ > KLL指定研究プロジェクト > インキュベーション活動支援(単年度) > 募集要領

教員・学生の方へ

2017年度 KLL指定研究プロジェクト

インキュベーション活動支援(単年度)

募集要領

慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL)は、2017年度も昨年に引き続きインキュベーション活動の支援を開始します。インキュベーション活動支援(以下、「本支援」という。)は、慶應義塾発ベンチャー企業の設立を目指す理工学部・理工学研究科の学生およびメンター教職員を対象に、活動資金(助成金)の提供を皮切りにした各種スタートアップ支援を行います。支援期間は2017年度とし、本支援終了後2年後までに大学発ベンチャー企業を設立(登記)することを奨励します。

本支援の目的

インキュベーションとは、「卵などがふ化する」という意味です。本支援は、慶應義塾大学理工学部・理工学研究科の学生の中から起業家を発掘・育成するとともに、新しいビジネスのスタートアップに関わる諸活動を「短期集中的に支援する」ことで、理工学部・理工学研究科内で創出された教育・研究成果を「ベンチャー起業のかたちで結実すること」を目的とします。さらに、この助成金をシードマネーとしてベンチャーキャピタル「株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)」との継続的な連携体制を構築し、新産業の創造をもって社会の発展に貢献することを目指します。

本支援における大学発ベンチャーの定義

本支援における大学発ベンチャーとは、慶應義塾大学理工学部・理工学研究科の学生が設立者であり、教職員がメンターとして深く関与する企業をいいます。すなわち、慶應義塾における教育・研究に基づいた、新たな技術やビジネス手法(学校法人慶應義塾を出願者とする特許、大学で達成された研究成果または習得した技術)をコア・コンピタンスにした企業のことです。

本支援への申請

本支援は、慶應義塾大学理工学部・理工学研究科における教育・研究成果に基づくベンチャーの起業もしくは既に設立(登記)しているベンチャー企業のアクティビティ向上を支援します。
申請にあたっては、次のすべての条件を満たす必要があります。

  • 起業のシーズとなる特許を保有することが望ましい。特許申請を行っていない場合は、原則として採択後6ヶ月以内に特許申請すること。
  • 本支援終了後2年後までのベンチャー企業設立(登記)の工程が明確であること。既に登記済みの場合は、アクティビティ向上に関する指針が明確であること。
  • 本支援終了後2年間、成果報告書ならびに経営計画書(もしくは事業計画書)を毎年度末に提出すること。
  • 本支援終了後3年後までに、NEDOやJSTなどの助成金(戦略的基盤技術高度化支援事業など)の獲得が可能になるような成長ビジョンを有すること。
  • 慶應科学技術展(KEIO TECHNO-MALL)への出展のほか、KLLの対外的広報活動に協力すること。

また、次の注意事項にも留意してください。

  • 助成金は、別途定める遂行要領に基づきご使用いただきます。助成金はメンターとなる教職員に配分します。
  • 研究室に所属している学生で、指導教員以外をメンターとする場合は、本活動に関する了承を指導教員から得てください。
  • 採択された場合、採択者の氏名、テーマ名、企業名称等を公表させていただきます。だだし、提出書類の情報は、本審査および統計的な整理以外の目的で利用または公表することはありません。本支援期間中および終了時に報告会(非公開)を実施する予定です。
  • 2年目以降の継続申請も認めます。ただし、継続の場合も新たに審査の対象となります。
  • 代表者ならびに構成メンバーの学生・院生は、学業をおろそかにしないこと。
  • KLLが定める誓約書に、構成メンバー全員が署名すること。
申請資格・申請額
a) 申請資格

以下の条件を全て満たす者

  1. 主体は理工学部・理工学研究科の所属学生ですが、他学部・他研究科の学生が設立メンバーに加わることも可能とします。理工学部に所属している教授、准教授、専任講師、職員(複数名の教職員も可)をメンターとして付けることを条件とします。
  2. 2017年4月1日時点で、代表者の年齢が満20歳以上であること。
  3. メンター教員を代表とする既存の指定研究プロジェクト制度との重複申請は認めます。
b) 申請額の上限

審査の上、採択したベンチャー起業案に対して一定資金を助成する(1~2件採択予定)。
1件あたり、200万円(上限)の活動費。

c) 提出書類

申請用紙に以下の項目を記入の上、KLL事務室へ提出してください。
① 起業計画の基本情報
② 概要(会社のビジョン・事業目的・主な商品・組織体制・事業戦略)
③ 事業計画書
④ 起業のシーズとなる研究成果
⑤ 他からの支援状況
⑥ 本事業での実施内容
⑦ 助成金使用計画

申請方法
申請期間: 2017年4月18日(火)~2017年5月19日(金)
申請用紙: 所定の申込用紙を1部、KLL事務室へ提出してください。
審査方法: 提出書類を元にプレゼンテーション審査会(非公開)を行います。
採択結果: 採択結果は、7月初旬を目安にお知らせいたします。
公募説明会のご案内

以下の日程で、公募説明会を開催いたします。
申請用紙の記入方法の説明や、プレゼン審査会対策ワークショップのご案内をいたしますので、
申請をご検討の方は、いずれかの開催日に是非ご参加ください。
  ◇日時: <第1回> 2017年4月24日(月)13:30~14:30
       <第2回> 2017年5月11日(木)13:00~14:00

  ◇場所: <第1回> 創想館3F DS33(14-313)
       <第2回> 創想館5F DS53(14-513)
  ◆参加のお申込みはこちらから

提出・お問い合わせ先

慶應義塾先端科学技術研究センター 事務室(創想館3F 14-309)
内線:40118、40140/外線:045-566-1794
月~金曜日(祝祭日除く) 9:00-17:00(11:30-12:30を除く)
E-mail:staff@kll.keio.ac.jp

トップへ戻る