トップ > 教員・学生の方へ > KLL指定研究プロジェクト > 中小企業産学連携支援(単年度) > 募集要領

教員・学生の方へ

2017年度 KLL指定研究プロジェクト

中小企業産学連携支援(単年度)

募集要領

慶應義塾先端科学技術研究センターは、2017年度も昨年に引き続き中小企業産学連携支援の募集を行います。産学連携に積極的な学内研究者と中小企業との共同研究のスタートアップを支援いたします。支援期間は2017年度です。

本支援の目的

本支援は、慶應義塾と中小企業注)との共同研究を支援し、慶應義塾内で創出された研究成果の実用化を加速するとともに、慶應義塾と中小企業との継続的な産学連携体制を構築することを目的とします。本支援を足がかりとして、慶應義塾と中小企業との連携を強化し、地域に根差した新技術の開発と実用化を推進するとともに、さらなる公的研究資金の応募や民間研究資金の獲得に繋げることを目指します。

注)中小企業の定義(引用:中小企業庁:FAQ「中小企業の定義について」

業     種 中小企業者
(下記のいずれかを満たすこと)
小規模企業者
資本金の額又は
出資の総額
常時使用する
従業員の数
常時使用する
従業員の数
①製造業、建設業、運輸業
 その他の業種(②~④を除く)
3億円以下 300人以下 20人以下
②卸売業 1億円以下 100人以下 5人以下
③サービス業 5,000万円以下 100人以下 5人以下
④小売業 5,000万円以下 50人以下 5人以下
本支援への申請

本支援への申請は、連携先の中小企業から申請額と同額の資金提供があることを必要とします。採択されたプロジェクトは、2017年度、1年間をかけて本研究とその実用化の可能性、将来性を示す中小企業との共同研究を行っていただきます。そして、2018年4月下旬までに、共同研究の成果報告と将来計画提案を行っていただき、継続支援の可能性を審査いたします。採択されたプロジェクトは、将来的に公的研究資金の応募や民間研究資金の獲得に繋げることが強く望まれます。また、KLLの対外的広報活動にご協力いただくことが採択後の条件となります。

申請条件
a) 申請条件
  1. 理工学部に所属している教授、准教授、専任講師。複数名の教員との共同申請も可能です。
  2. 連携先企業から同額の資金提供があること。ただし、申請時に、連携先企業との契約が完了していなくても申請は可能です。その場合、採択後3ヶ月以内に契約を締結し、連携先企業から資金提供があることが必要条件となります。後期申請の場合は申請後1ヶ月以内に契約を締結することが必要条件となります。異なるプロジェクト内容であれば、同一教員による重複申請が可能です。また、同一のプロジェクトであっても、前期と後期の両方に申請いただくことは可能です。
b) 申請額の上限

250万円(ただし、連携先企業から同額の資金提供があること。企業から研究資金が提供された後に、同額の支援費をお支払いいたします。)

申請方法

所定の申請用紙を申請期限までに先端科学技術研究センター事務室に提出してください。事前の相談も受け付けます。

申請期限: 前期と後期に分けて申請を受け付けます。同一プロジェクトであっても、前期と後期両方に申請することは可能です。
前期〆切:2017年5月31日(水)
後期〆切:2017年8月29日(火)
申請用紙: 所定の申込用紙を1部提出してください。また、連携先企業との契約内容を示す書類があれば、あわせて提出してください。
審査方法: 書類審査を基準としていますが、必要に応じてヒアリングを行う場合があります。
採択結果: 採択結果は、申請後1ヶ月後を目安にお知らせいたします。
提出・お問い合わせ先

慶應義塾先端科学技術研究センター 事務室(創想館3F 14-309)
内線:40118、40140/外線:045-566-1794
月~金曜日(祝祭日除く) 9:00-17:00(11:30-12:30を除く)
E-mail:staff@kll.keio.ac.jp

トップへ戻る