トップ > 教員・学生の方へ > KLL指定研究プロジェクト > 次世代先端分野探索研究(単年度) > 募集要領

教員・学生の方へ

2017年度 KLL指定研究プロジェクト

次世代先端分野探索研究(単年度)

募集要領

慶應義塾先端科学技術研究センターは、2017年度も昨年度に引き続き以下のとおり次世代先端分野探索研究の募集を行います。

1. 次世代先端分野探索研究の目的

「今まで慶應になかった新しい発想に基づいた研究」の「萌芽的」段階で研究資金を援助して開花を促進し、「外部研究資金獲得」の機会を広げること、および外部の企業等との広範な連携体制を構築し、社会的・学術的に重要な課題について共同研究を立ち上げられるよう支援することを目的とします。また、本研究費は、研究カテゴリーポートフォリオ(下図参照)のうち、カテゴリーⅠあるいはⅡを通じて、将来的に産業界・社会に対し貢献することを期待しています。

 

2. 対象者

産学連携に積極的な若手研究者または着任して間もない研究者

3. 応募方法・採択後の条件

以下の研究種目の申請資格を確認のうえ、ご応募ください。採択された研究は、2017年度、1年間をかけて本研究の可能性、将来性を示す研究および企業との共同研究を行っていただきます。そして、2018年4月下旬までに、報告を兼ねた研究詳細提案を行っていただきます。この研究詳細提案を踏まえて、2018年度末までに民間研究資金の確約や導入に繋げること、または公的研究資金への応募に加え、慶應科学技術展(KEIO TECHNO-MALL)へ出展していただくほか、KLLの対外的広報活動にご協力いただくことが採択後の条件となります。
なお、「若手産官学連携推進費」と「新任者研究推進費」を同一年度に重複して申請することはできません。

4. 研究種目
(1) 若手産官学連携推進費

① 申請資格(研究代表者)

以下の条件を全て満たす者

  1. 2017年4月1日時点での年齢が満40歳以下
  2. 企業との共同研究立ち上げを行っている方もしくは予定している方

② 申請額の上限

500万円(上限の範囲内の金額で申請できますが、支給決定額は申請額から減額されることがあります。)

(2) 新任者研究推進費

① 申請資格(研究代表者)

以下の条件を全て満たす者

  1. 理工学部に所属している博士の学位を有する教授、准教授、専任講師および助教(有期教員も含みます。)
    ※応募件数が多い場合には、有期教員よりも専任教員の申請が優先されます。
  2. 2015年4月1日以降に着任された方(2015年3月31日以前の有期教員(要員枠、共通枠)、特任教員、非常勤教員での任用期間は含みません。)
  3. 過去に研究代表者として指定研究プロジェクトを実施されたことがない方

② 申請額の上限

教授、准教授、専任講師…200万円  助教…50万円
(ただし、支給決定額は申請額から減額されることがあります。)

5. 申請方法

所定の申請用紙を申請期限までに先端科学技術研究センター事務室に提出してください。

申請期限: 2017年5月12日(金)13時まで
申請用紙: 所定の申込用紙を1部提出してください。
審査方法: 書類審査を基準としていますが、必要に応じてヒアリングを行う場合があります。ただし、過去に採択されていた教員については、その時の報告書も審査の参考資料とします。
審査結果: 採択結果は2017年6月下旬までに申請者に報告します。
6. 提出・お問い合わせ先

慶應義塾先端科学技術研究センター 事務室(創想館3F 14-309)
内線:40118、40140/外線:045-566-1794
月~金曜日(祝祭日除く) 9:00-17:00(11:30-12:30を除く)
E-mail:staff@kll.keio.ac.jp

トップへ戻る