トップ > 教員・学生の方へ > KLL指定研究プロジェクト > 次世代先端分野探索研究(単年度) > 募集要領

教員・学生の方へ

2022年度 KLL指定研究プロジェクト

次世代先端分野探索研究(単年度)

2021年度の募集は終了しました。以下は2022年度募集要領です。

募集要領

慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL)は、2022年度 指定研究プロジェクト-次世代先端分野探索研究-の募集を行います。

なお、この制度は2022年度予算成立前に企画したものであるため、予算成立の内容および予算成立額に応じて、実施内容・金額等に変更が生じる場合があります。

1. 次世代先端分野探索研究の目的

「今まで慶應になかった新しい発想に基づいた研究」の「萌芽的」段階で研究資金を援助して開花を促進し、「外部研究資金獲得」の機会を広げること、および外部の企業等との広範な連携体制を構築し、社会的・学術的に重要な課題について共同研究を立ち上げられるよう支援することを目的とします。

また、本研究費は、研究カテゴリーポートフォリオ(下図参照)のうち、カテゴリーⅠやⅡを通じて、将来的に産業界・社会に対し貢献することを期待しています。あるいは、カテゴリーⅢやⅣであっても、将来的にカテゴリーⅠやⅡに繋がる萌芽的研究も募集します。

 

 

 

2. 対象者

将来的に産学連携を考えている研究者または着任して間もない研究者

 

3. 応募方法・採択後の条件

 以下の研究種目の申請資格を確認のうえ、ご応募ください。採択された研究は、2022年度、1年間をかけて本研究の可能性、将来性を示す研究を行っていただきます。そして、2023年4月下旬までに、報告を兼ねた研究詳細提案を行っていただきます。この研究詳細提案を踏まえて、2023年度末までに民間研究資金の確約や導入に繋げること、または公的研究資金への応募に加え、慶應科学技術展(KEIO TECHNO-MALL)へ出展していただくほか、KLLの対外的広報活動にご協力いただくことが採択後の条件となります。

なお、採択者は2022年4月以降に公募予定の2022年度指定研究プロジェクト「新任者研究推進費」を申請することはできません。

 

4. 研究種目
探索研究推進費

① 申請資格(研究代表者)

以下の条件を全て満たす者

  1. 理工学部・理工学研究科に所属する専任教員

  2. 202241日時点での年齢が満45歳以下

② 申請額の上限

500万円(後期博士課程学生のリサーチ・アシスタント雇用がない場合)

600万円(後期博士課程学生のリサーチ・アシスタント雇用がある場合)

・上限の範囲内の金額で申請できますが、支給決定額は申請額から減額されることがあります。

・リサーチ・アシスタント雇用費として申請された研究費は、リサーチ・アシスタント雇用費以外の研究費に流用できません。なお、リサーチ・アシスタントは臨時職員としての雇用となります。

・他の資金で雇用されている学生に関しては、報酬等の重複受給について問題がないことや制約条件を資金元に必ずご確認ください。なお、日本学術振興会の特別研究員である学生についても資金元の制約がない範囲で雇用することができるものとします。ただし、必ず特別研究員である学生本人が日本学術振興会に他の資金での雇用可否やその条件を確認するようにしてください。

5. 申請方法
申請期限: 2021年11月30日(火)13時まで
申請用紙:

所定の申請用紙を1部、KLL事務室へ提出してください。

審査方法: 書類審査を原則としていますが、必要に応じてヒアリングを行う場合があります。ただし、過去に採択されていた教員については、その時の報告書も審査の参考資料とします。
審査結果: 採択結果は2022年1月中旬までにお知らせします。
6. お問い合わせ先

慶應義塾先端科学技術研究センター事務室(創想館314-309

指定研究プロジェクト担当 

内線40118/外線045-566-1794

E-mail:kll-staff@adst.keio.ac.jp
月~金曜日(祝祭日除く) 9:00-17:00(11:30-12:30を除く)

トップへ戻る