トップ > 教員・学生の方へ > KLL前期博士課程研究助成金 > 募集要領

教員・学生の方へ

2021年度 KLL前期博士課程(修士課程)研究助成金募集について

ENGLISH

 前期博士課程研究助成金については、国外で開催される国際会議のみを対象としていますが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、2020年度に引き続き、下記の内容で2021年度も国内で開催される国際会議も対象とすることといたしました。

 

1. 目的

大学院理工学研究科前期博士課程(修士課程)学生の研究活動に対して財政的支援を行うことにより、KLLが掲げる目標のひとつである「科学技術分野における優れた人材の育成」を推進すると同時に、研究活動の活性化により大学院全体の研究レベル向上にもつなげる事を目的としています。

2. 申請対象学会

国内外で開催され、申請者(学生)自らが研究発表を行う国際会議(実開催、オンライン開催とも可)。

  • ※2021年4月1日以降の開催で、2022年3月20日までに参加できるもので、かつ2022年3月4日までに助成金受給申請をKLL事務室宛てに提出できるものとなります。
  • ※申請前に終了した学会でも、2021年4月以降に開催された国際学会であれば申請ができます。
3. 申請対象者

申請時点で理工学研究科前期博士課程(修士課程)に在籍している学生(特別学生は除く)で自ら行った研究の成果を国際会議で発表することを希望している者。かつ、本研究助成金による助成を過去一度も受けたことが無い者。

  • ※2021年9月に理工学研究科後期博士課程(博士課程)に進学した場合でも、本助成金に採択された学会であれば、2021年10月~2022年3月開催の学会も受給対象となります。
4. 対象となる費用(受給金額の上限15万円)

国外で開催される国際会議参加に要する

   

(1)成田空港(又は羽田空港)を発着地とする往路と復路の航空運賃(エコノミークラスの実費)

  

(2)国内空港までの交通費(経済的・合理的ルートで)

  

(3)会議開催地の宿泊費

  

(4)会議開催地への交通費・会議開催地の交通費

  

(5)学会参加費

国内で開催される国際会議参加に要する

(1)会議開催地の宿泊費

(2)会議開催地への交通費・会議開催地の交通費

(3)学会参加費

<国内で開催される国際学会(実開催)の交通費、宿泊費について>

※宿泊費は、1泊につき12,000円以内の実費とします。

※交通費は、実費とします。(グリーン料金は除きます。)

※タクシーは原則的に利用不可。やむを得ず利用した場合(公共交通機関が存在せず、

 タクシー等を利用しなくてはいけない状況である場合等)には、必ず領収書をもらってください。

※航空機の利用は500km以上の場合のみ。必ず領収書をもらってください。

 

  • ※本助成金の受給金額の上限を超える費用、また、支出が認められない費用については、原則として本人の負担となります。なお、公的資金をこれらの費用に充当することはできないものとします。
5. 申請にあたっての注意点

(1)助成には一定の条件があります。採択された者には研究成果報告書等の書類の提出が義務付けられます。事前に受給申請の手引きをご確認ください。

(2)複数の学会を申請することは可能ですが、助成を受けられるのはその内1つのみです。また申請した学会以外での助成はできません。

(3)演題申込前の国際会議であっても発表を計画しているものであれば、事前に申請することができます。

  (4)後期博士課程(博士課程)の学生は、「慶應義塾先端科学技術研究センター後期博士課程研究助成金」制度を利用してください。

 

6. 申請方法

助成金を希望する学生は電子申請フォームからお申し込みください。

7. 採否について

(1)採否数には限りがあります。

(2)採否については、KLL運営委員会による審査にて決定されます。

(3)結果については、申請時に申告したEメールアドレス宛に通知します。

 

8. 申請期間

 2021年4月22日(木)13時 ~ 2021年5月14日(金)13時(厳守)                      

9. お問い合わせ先

慶應義塾先端科学技術研究センター 事務室(創想館3F 14-309)
内線:40118, 40142/外線:045-566-1794
月~金曜日(祝祭日除く) 9:00-16:30(11:30-12:30を除く)
E-mail:kll-staff@adst.keio.ac.jp

以上

手引き・フォーム集

※ご参考 2020年度版です。後日2021年度版に更新されます。

トップへ戻る