トップ > KLLの紹介 > メールニュース > 2014年7月1日配信分

KLLの紹介

慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL)ニュース
2014/7/01

平素より、慶應義塾大学の理工学研究に多大なご支援とご関心をお寄せいただき、厚く御礼申し上げます。
本メールでは、慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL)より、昨年度までKLLニューズレターをご購読いただいておりました皆様に、ご連絡をさせていただいております。
本日は、7月18日(金)開催の産学連携セミナーについてご案内させていただきます。

7月18日(金)産学連携セミナー

例年の産学連携セミナーではひとつのテーマの下にプログラムを組んでまいりましたが、今回は新しい試みとして、新機軸の技術開発が期待できる多様な分野の研究者による発表の構成としました。本セミナーでご紹介する本学の研究者4名は、2014年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞の受賞メンバーでもあり、新たな時代の技術を創る研究が大いに期待されます。
基礎と応用の接点を模索されている産業界および技術や原理の製品化・実用化に関心をお持ちの皆様方におかれましては、システムデザイン工学、機械工学、電子工学、物理学の各分野における本学の研究活動および今後の研究展開に係る意見交換の場として、また大学との研究や実用化へ向けて新しい機会や接点を見出す機会として、ぜひとも本セミナーをご活用いただきたく、ご案内申し上げます。

【日程】

2014年7月18日(金)15:00~17:30(~18:00 懇親・意見交換会)

【会場】

慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館2階 多目的教室1

【定員】

約40名

【締切】

2014年7月16日(水)

【参加費】

無料

【主催等】

慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL)
協力:公益財団法人 横浜企業経営支援財(IDEC)
公益財団法人 川崎市産業振興財団(IIP)

【プログラム概要】

「電気粘着エラストマの開発とその応用」柿沼 康弘
「信号処理工学への数理的アプローチ 技術革新に向けて」湯川 正裕
「気体燃焼を利用した機能性微粒子の合成技術開発」横森 剛
「テラヘルツ偏波イメージングの産業応用展開に向けて」渡邉 紳一

【詳細・お申し込み方法】

プログラムの詳細、お申し込みにつきましては以下サイトをご覧下さい。

理工学部創立75年記念式典

本学理工学部は創立75年を迎えました。6月14日、理工学部創立75年記念式典が日吉キャンパスにて挙行されました。

KLLよりお知らせ

今年も折り返し点を過ぎ、はや梅雨の季節を迎えております。
これまでのニューズレターに替わりまして、今年度はKLLニュース(季刊号)の配信を予定しております。
引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

トップへ戻る