トップ > KLLの紹介

KLLの紹介

創発的組織として社会を先導し、実学(サイヤンス※)の具現化を通じて社会に還元する

慶應義塾大学理工学部・大学院理工学研究科では、最先端を学ぶのみならず自ら切り拓き、社会をリードできる人材の育成を使命と考えています。慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL)は、その様々な環境づくりのために、科学技術分野における学術先導および新実業創生拠点として開設されました。産官学連携の窓口として、共同研究・受託研究のコーディネートをする際の研究契約などに関わるサポートを行い、研究成果の社会還元促進のために産業界との交流の場を提供するなど、慶應義塾の独創性と国際性、総合大学としての強みを活かしたダイナミックな研究連携を推進しています。

※慶應義塾の創立者 福澤諭吉はその著書の中で「実学」に「サイヤンス」とルビをふっており、実証的な学問の重要性を説いています。

トップへ戻る